ビジネスブログ100選 人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
いつも応援ありがとうございます
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
クリック募金
※クリックした方の負担はありません
Mail
メールフォーム
Mobile
qrcode
Links
Profile
Admin l RSS1.0 l Atom0.3 l

物書き玖美のありゃりゃな生活

もの書き・編集者・校正者の、本と言葉と日常。ペンネームは亡き祖母の名前。

<< 寂しさは言い訳にならない | main | 言葉の偏食家 >>
返事と近況 (2010.08.05)
image.jpg
前回の記事について、ブログのメールフォームからメールをいただいたので、簡潔にお返事。

寂しがること、大変がること自体が悪いと言っているわけではなく、
「寂しい、大変だというのは命より優先されることではない」と言っているのです。

分かりやすくするために、仕事に置き換えてみます。

あなたは一人で仕事をしています。一人なので大変だし、孤独感を覚えます。
なので仕事を放り出して遊びに行き、帰りませんでした。

そんなことが許されますか?
何が「なので」だ、仕事には責任が伴うのに、関係者にも迷惑がかかるのに、そう思いませんか?

仕事を育児に置き換えれば、お分かりかと思います。
そして育児という「仕事」は、命に関わる「仕事」です。迷惑というレベルではないのです。

自分が引き受けた仕事をできなくなってしまった場合、代替手段や代わりの人を探しませんか?
それが仕事に対する責任ではないですか?
「私の仕事が大変なのは環境が整っていないからだ、社会が悪い、だから仕事を放り出した私は悪くない」なんて言えますか?


********


写真は仕事部屋の現状。
段ボール山積み。
サ○イであることがバレバレ(笑)。

日頃運動してないからか、肉離れを起こした。
今日は小休止。
| こんな日常です | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2017.10.18)
| - | 15:37 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://garnetian.jugem.jp/trackback/360
トラックバック