ビジネスブログ100選 人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
いつも応援ありがとうございます
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
クリック募金
※クリックした方の負担はありません
Mail
メールフォーム
Mobile
qrcode
Links
Profile
Admin l RSS1.0 l Atom0.3 l

物書き玖美のありゃりゃな生活

もの書き・編集者・校正者の、本と言葉と日常。ペンネームは亡き祖母の名前。

ことばを扱うものとして (2014.03.02)
ものすごーーーく今さらながら、都知事選の話。

毎日新聞のボートマッチサイト(http://vote.mainichi.jp/2014tochijisen/index.php )で、候補者中一番私の考えに近いという結果が出た(それでも56%の一致度だったのだが)のと、
大雪の日、新宿の選挙事務所をホームレスに開放すると書いていたのにちょっと感心して
家入一真氏をツイッターでフォローしてみた。

その家入氏の言葉たち。
「やさしい革命」
「居場所をつくっていきたい」
「未来を作るのはぼくら」
「絶望してはいけない、愛を持って闘おう」

……いや、まあ、若いからいいんだけどね……。

そんなのを見ていたら、ちょっと前のNHK「クローズアップ現代」の特集を思い出した。
「あふれる“ポエム”?! 〜不透明な社会を覆うやさしいコトバ〜」
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3451.html
というサブタイトルで、最初に「居酒屋甲子園」なるイベントを取り上げていた。

「居酒屋甲子園」といっても、サービスや料理の質を競うものではなく、
居酒屋で働く若者が、自分の挫折経験や居酒屋で働く喜びを聴衆の前で語り、
それがどれだけ心を打ったか、を競うものである。

その居酒屋甲子園での言葉たち。
「夢は一人で見るものじゃない、みんなで見るものなんだ」
「すべてはお客様の、そして仲間の笑顔のために」

……いや、まあ、その……。

TVに映し出されるイベントの様子を見ていて、さらに思い出したことがある。
中学生の時、同じ部活の友人に「私、歌ったり踊ったりするんで、見に来て」と誘われた。
ミュージカルか何かに出るのかな? と気軽に行ってみたら、
それは、宗教のイベントだった。

そこでの言葉たち。もう30年近く前なのでうろ覚えだが。
「立て、はばたけ、光の子らよ」
「未来は、私たちのもの」
「夢を信じて」

……いや、まあ……やっぱダメ! おばちゃん(43歳)、書いててすでに恥ずかしい!! 

そう、この3つの場面での言葉たちは、恥ずかしさにおいてすごく似ている。
発している方は、恥ずかしさなんて全然感じていないであろうところも、似ている。


クローズアップ現代では、さらに自治体の条例名も取り上げていた。

「子どもたちのポケットに夢がいっぱい、そんな笑顔を忘れない古都人吉応援団条例」

なんのことやら? と首をかしげる条例名だが、
要は、ふるさと納税やふるさとへの寄付を推進する条例らしい。
コメンテーターも危惧を表していたが、「やさしいことば」は、本質を見えにくくする。

そのこともあるが、私が最も危ういと思うのは、「やさしいことば」は正論すぎて逆らえない、ということだ。
宗教の言葉がやさしく、誰にでもあてはまるようにできているのは、逆らったり反論したりできないように、なのだ。

「居酒屋甲子園」でのやさしいことばは、たとえばこんなふうに使われる可能性だってある。

店員「社長、こんな給料では結婚もできません。給料を上げてください!」
社長「何を言ってるんだ! お客様の、そして仲間の笑顔があれば良いじゃないか!」
店員「社長、僕が間違ってました!」

やさしいことばの正論さは、反抗するすべを奪い、同じ「ノリ」同じ「感動」を共有することを強制する。
これが洗脳でなくて、宗教でなくて何だろう。

宗教というとまたまた思い出すマンガがある。
白土三平「サスケ」。
大昔の忍者マンガだが、そこにあった「神」についての記述は、どんな哲学書より腑に落ちた。

実家にあったマンガなので、例によってうろ覚え。

「人々が、自分たちの力ではどうしようもない、大きな困難にぶつかる。
そのとき神が生まれ、人々が自力でそれを乗り越える力を持ったとき、神は消えていく」

これなんだよなあ。

クローズアップ現代のサイトには、
「震災以降、こうしたシンプルで聞き心地のいい言葉の多用が、若い世代のみならず、広告宣伝や企業の研修、そして地方自治体の条例など公共の言葉にも広がっているとして、社会学者や批評家らが『ポエム化』と呼んで分析を試み始めている。共通する特徴は、過剰とも思える優しさ・前向きな感情の強調だ。この風潮を特に支持するのは、『年収200万時代』の低収入の若者層と言われるが、厳しい現実を生き抜くために現状を肯定しようとする傾向が年々強まっているとされる」
と書かれている。
また、最初にとりあげた家入氏も、いじめから引きこもるという「挫折」を経験したという。

でもねえ、
それって、本当に「自分たちの力ではどうしようもないこと」なの?
やさしいことばという宗教にすがって現実を忘れなきゃいけないほどの困難なの?

給料は本当に何をやっても上がらないの?
いじめから逃げることは本当にできないの?
引きこもったら人生終わりなの? 本当に居場所はないの?

厳しい現実との戦いから逃げるためのおまじないではないの? 本当に?


個人的には、「愛」だの「未来」だの「やさしさ」だの「夢」だの、
そういうことばは本当にそれについて考えて考えて考え抜いた人だけが
多用してよいもので、おばちゃん(43歳)なんかにはまだまだその資格はない、と感じている。

古来から賢人たちがどれだけそれらについて考えたか、考えて苦しみ抜いたか、
それを思うと、たやすく使えることばではないと思う。

ことばを扱うものとして、空疎な「やさしいことば」が
戦わない言い訳のために消費されていくのを見るのは
悲しく、腹立たしい。

「形のないものに誰が 愛なんてつけたのだろう」 (中島みゆき「あした」)

これですよ。
| コトバのモンダイ | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0)
ミックス (2011.02.11)
何かを言おうとして、

「こっちの表現とこっちの表現、どちらにしようか」
「こっちとこっち、どちらを言った方がいいか」

に一瞬迷ってしまい、
結果としてミックスになってしまうこと、ありませんか?

正月明けにやらかしてしまったのは、友人からの電話。
「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」
と開口一番言われたので、

「今年もよろしくお願いします」
と言おうか、それとも
「こちらこそ、よろしくお願いします」
と言おうか、一瞬迷ったあげく

今年こそ、よろしくお願いします」

になってしまった。


先日もやはり電話。それも仕事の。

「恐縮です」
と言おうか、それとも
「恐れ入ります」
と言おうか迷って、

「恐れです」

と言ってしまった。

相手には「?」だったに違いない。


こんなんばっかですが、校正者です。
| コトバのモンダイ | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0)
言葉の偏食家 (2010.09.28)
引っ越しは無事済んだ。が、片付けも完了しないうちに仕事が立て続けに入ったので
一部屋にはまだ段ボールが山積み。
まだ仕事は続くのだけれど、ちょっとエアポケット的に時間があいたので、久々のブログ更新。
皆様大変ご無沙汰しました。


今さら気づいたのだけれど、私は言葉に対する好き嫌いがものすごく多い。
特に嫌いな方が多い。
このブログでも時々登場する「マイNGワード」も9つを数える。
1.「人を……」
2.「自分を磨く」
3.「東京」
4.「エンドレス『〜ない』」
5.「クリエイター」
6.「せっかく〜のに」
7.「女性なら〜」「私たち女性」
8.「心の闇」
9.「癒し」

上記以外にもまだまだ書いていないNGワードがある。
また、昔はなかった言葉が生まれたり、以前とは違った使われ方をしたりしているのを目にすれば
ますますマイNGワードは増えていくだろう。

対してイイ! と思った言葉を紹介する「マイOKワード」は今のところ、「残念」の1つのみ。
もっと増やしていきたいところではあるが。



食べ物で嫌いなものが多いのは困るかもしれないけれど
嫌いな言葉が多い分にはそれほど困らない。
ということで、「言葉の偏食家」を自称しても恥ずかしいことではないだろう。


と思っていたら、困ることがあった。


あるライター養成講座の卒業生の作品名が列挙されているサイトを見たときのこと。
雑誌の記事と思しきその作品のタイトルたちは、

「○○が熱い!」
「△△の次に来るのはコレだ!」「△△がキテる」
「今、なぜ□□なのか」
「愛され××」



ぎゃーーーーーーーーー!!
なにこれジンマシン出るわ! 完全に拒絶だわ! あまりにおぞましくて全部伏せ字にしたいくらいだわ!
小学校の給食でピーマンとゴーヤのサラダ唐辛子ドレッシング出されたレベルのNG度だわ!

当然ブラウザを光の速さで閉じたけれども、疲労困憊、ぐったりした。
これらの言葉をNGワードと認識する以前の段階で、それゆえ無防備だっただけに、総攻撃をまともに食らってしまった。

もちろんこれらの言葉は、私以外には攻撃しないのだろう。
「言葉の偏食家」は常に警戒を怠ってはならぬのだった。
 
| コトバのモンダイ | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0)
マイNGワードその9「癒し」 (2010.05.13)
久々のマイNGワード。

小説家、長野まゆみさんのブログ「Kotorico」、今日の記事のタイトルは「憩い」
これによると、長野さんは「癒し」という言葉が嫌いらしい。
なので他の語に置き換えており、「憩い」を使うことが多い、とのことだった。

私も「癒し」という言葉が嫌いである。
その理由を辞書に求めてみた。
私の電子辞書には『広辞苑』と『明鏡』の2種類の国語辞典が入っている。
「癒し」をひいてみると、『広辞苑』には載っていなかった。
「癒す」という動詞の名詞化だから不思議はない。

だが『明鏡』には載っていた。それで私がこの語を嫌いな理由がわかった。

いやし【癒やし】〔名〕
病気・傷などを治すこと。また、心の悩みや不安を解消すること。
「―の音楽」「―系(=心のやすらぐような事柄や人)」


用例に「癒(や)し系」まで載っていたにも驚いたが、それはまあいい。
では、長野さんが置き換えることの多いという「憩い」はどうだろう。同じ『明鏡』による。

いこい【憩い】〔名〕
憩うこと。休息。
「―のひととき」


また、私が置き換えることの多い「和み」はというと、「和む」を参照とあって

なごむ【和む】〔自五〕
気持ちがおだやかになって落ち着く。なごやかになる。
「音楽を聴くと心が―」


「和む」は自動詞。「憩う」をひいてみると、これも自動詞。
「癒す」は他動詞。つまり「〜を癒す」の形で使う。

「和む」「憩う」は常に自分が主語であり、自分自身で完結している。
さらに「和む」「憩う」の出発点はマイナスとは限らない。
休息をとるのは必ずしも疲れ果てているときとは限らないし、なごやかになるのはその前が険悪だったからとも限らない。

対して「癒す」は「何か(誰か)が」「何か(誰か)を」とならなければいけない。
「癒しだよね」というときに癒されているのは自分だから、
「何か(誰か)が、自分を」癒すのに他ならない。
他力本願なのである。

さらに言えば、「癒される」ためには傷ついていたり、不安に陥っていたりしなくてはならない。
出発点がすでにマイナスなのである。

「傷ついたり不安になったりしている私」を、「他者」が「癒す」。
そこには自らの傷をなめて治す猫のような、自分で自分を治そう、癒そうとする姿勢はみられない。
自分は何もせずでーんと座って「さあ癒して」という態度である。

ああ、これが嫌いなんだな。

前にも書いたように、私は自己憐憫が大嫌い。
傷ついた自分をひけらかす態度も嫌いだし、あまつさえその傷を他者に治してもらおうなんて不遜な態度はさらに嫌い。
他者は他者であって、あなたのお抱え医者ではない。
他者に触れて気持ちがおだやかになったり、不安が解消したりするのは、あなた自身の問題なのである。



ところで、上のブログで長野さんが「憩い」としているのは、小鳥の形の付箋。
実は私にも、「和み」の付箋がある。

いっぱい(笑)

上段真ん中はメモ。あとは付箋。
下段左は昨年、ハワイに行ったとき買ったものだが、他は同じ古い友人にもらったもの。

使えないんだよなあ……もったいなくて……(この場合の「もったいない」はノーベル賞を獲得したような意味ではない)。
せめて大きい仕事が終わったときにちょっとだけ使って、贅沢な気分を味わいたいが、
貧乏性ゆえ結局眺めて「和む」だけになるような気がする。激しくする。
| コトバのモンダイ | 18:19 | comments(2) | trackbacks(0)
「善人」の害悪 (2010.04.16)
評価:
中島 義道
新潮社
¥ 420
(2003-02)
Amazonランキング: 22461位
Amazonおすすめ度:
案外、マジョリティの考えな気がする
「隠された偽善」を取り出して暴いた本
笑えてすっきり。

そしてまた1か月ぶりの投稿orz

* * *

『私の嫌いな10の言葉』を買ったのは、単行本が発売になった約10年前。
その後まもなく調子を崩し、本という本が読めなくなっていたので
ずっと「積ん読」になっていた。

なぜ今になって読む気になったのかというと、この本に「嫌いな言葉」として取り上げられている
「相手の気持ちを考えろ」というセリフを、直接ではなかったが、言われたからである。

「相手の気持ちを考えろ」と言うならば、「『相手の気持ちを考えろ』と言われた相手の気持ち」も考えて欲しい。
でもそれはできない。
なぜならば、先に「相手の気持ちを考えろ」と言ったものが正義になる、そんな早い者勝ちのセリフであるから。

まず、こう語る人が信じ切っている「公理」がある。それは、すべての人間の感受性は同一であるということです。常に「おまえもひとりぼっちでいると寂しいだろう。だから、他人もひとりぼっちにしてはいけないよ」とか「お前だって文句ばかり言う奴は嫌いだろう。だから人に文句ばかり言ってはいけないよ」という等式が成立するかぎりで、人間をとらえる。もちろん、こういう等式が成り立つ場合もありますが、そうでない膨大な場合があることを、こういう人は認めようとしない。(「1 相手の気持ちを考えろよ!」)


そうなのです。「あなた」は「ひとりぼっちでいると寂しい」かもしれないが、「私」は「ひとりぼっちが気楽で好き」かもしれない。
同じ言葉、同じ状況に接して「私」はAと思うかもしれないが、「あなた」はBと思うかもしれない。
この「誰々は〜かもしれない」を全部どこかへやってしまって、「気持ちというものは、考えたらわかるはずのものだ。わからないのは考えてないからだ」と決めつけ、相手を悪とする言葉なのだ。

そして、相手を悪とするということは、自分を善、正義とすることである。

この本における「嫌いな言葉」は「1相手の気持ちを考えろよ!」の他に9つ挙げられている。

 2 ひとりで生きてるんじゃないからな! 
 3 お前のためを思って言ってるんだぞ! 
 4 もっと素直になれよ! 
 5 一度頭を下げれば済むことじゃないか! 
 6 謝れよ! 
 7 弁解するな! 
 8 胸に手を当ててよく考えてみろ!
 9 みんなが厭な気分になるじゃないか!
 10 自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!

恐ろしいことに(?)私自身、これら全て嫌いである。 「2 ひとりで生きてるんじゃないからな!」に対しては「ひとりで生きてたらアンタにこんなこと言われずに済むのにねえ」と思うし、「4 もっと素直になれよ!」に対しては、「ステレオタイプの『素直』のイメージに私が従ってないというでけでしょ?」と思う。「8 胸に手を当ててよく考えてみろ!」に関して言えば「1 相手の気持ちを考えろよ!」と同様の傲慢さを感じるし、「9 みんなが厭な気分になるじゃないか!」に関しては「自分が(善である)みんなの代表として悪であるお前にもの申す」という傲慢さを感じる。

そして、著者も書いているがこういうセリフを(気恥ずかしさを伴わず)吐く人は、「自分は、みんなのことを考えるやさしい善人である」と思っている。
「自分は善である」と思っている人は、「自分は果たして善なのか」と悩むのも「善人であるからこその悩み」であると、心の底では、わかっているように思う。なぜなら悪人はそんなことを悩まないだろうから……と、これも「善人」の勝手な想像だと思うけれども。

ちょっと話はずれるかもしれないが、詩人の最果タヒ(森山森子)のブログ( http://d.hatena.ne.jp/m0612/20100414/p1)にあった「なんの役に立つんですか?」というセリフも、「みんなの役に立つことを考えなきゃいけない、と思うと、自然とこういう質問が出てくるはずよね?」という、「善であるみんなの代表としての自分」を意識した発言のように思える。

善人は傲慢なのである。
「自分は皆のことを考えている善人だ」と思っている善人よりも、「自分はエゴイストだ」と思っているエゴイストの方が謙虚だ。なぜなら、エゴイストはマイノリティだから。マイノリティであるべきものだから。
マイノリティであるところのエゴイストは、マジョリティである「善人」に気を遣っていなければ生きていけない。
そういう意味で、エゴイストの自覚があるエゴイストは、謙虚なのだ。

一人ひとりが発する言葉は、公のニュースや非常に影響力の強い人の発言を除けば、著者の言う「個人語」であるはず。
そして個人語は「額面どおりに」受け取っていいはず。
なのに本音を言えば「素直になれよ!」「弁解するな!」と言われ、相手を不愉快にさせた(それはどちらが悪いとは言えない類のものであるかもしれないのに)という一点において「謝れよ!」「一度頭を下げれば済むことじゃないか!」と、「額面どおりではない」謝罪を要求される。

「善人」がマジョリティである社会では、一人ひとりの言葉が常に誰も不愉快にさせないようにあらねばならない。
まさに「ひとりで生きてるんじゃない」からこそ、言葉は軽く丸く平均化・量産化された、ピンポン玉のようなものになっていくのである。
| コトバのモンダイ | 12:24 | comments(6) | trackbacks(0)
意味がわからない昭和語ランキング (2010.01.22)
「意味がわからない昭和語ランキング」


バリバリの昭和生まれとしては、気になるじゃないか! きっと平成生まれとのジェネレーション・ギャップを感じられるランキングに違いない! 「こんな言葉も知らないの?」と、優越感に浸ろうぜ!」と、見てみた。
でも、

1位 キモサベ

いきなりわかりませーーーーーん_| ̄|○

1950年代に日本で放送されていたアメリカの西部劇ドラマ『ローン・レンジャー』の登場人物トントが、主人公のローン・レンジャーを呼ぶ時に使っていた言葉。「信頼する友達」という意味を持つこの言葉は、ドラマのヒットも手伝って当時はかなり流行していたそうです。


そうですか、1950年代でしたか。さすがにそりゃ知らんわ。

気を取り直して次。

2位 可取り専攻

またもやわかりませーーーーーん_| ̄|○

成績評価の際に使われる「可」ばかりが成績表に記されている不勉強な学生をからかう時に使う昭和語です。流行したのは1980年代ですが、近年は除虫を蚊取線香ではなく電気式の製品で行う家庭がほとんどになってしまったこともあって、すっかり使われることがなくなってしまいました。


なるほど、こんなところにも技術向上の余波が。ちなみにうちは蚊取り線香使ってますが。しかし1980年代だったら知っていてもいいはずなんだけどなあ〜?

以下、「ウニる」「BG」「カイワレ族」「ベルサッサ」……と続くが、一つとして知らない。
「ウニる」ではなく「頭がウニ」、「ワンコン」ではなく「ワンレンボディコン」という形で使った記憶はほんのりあるけれど。

「こんな言葉も知らないの?」は自分に向けて言わねば。
| コトバのモンダイ | 15:52 | comments(2) | trackbacks(0)
捨てたもんじゃない (2009.12.10)
メル格、網買いって? 中高生が考える新語「もっと明鏡」大賞発表


辞典、参考書などを刊行する大修館書店が全国の中高生から国語辞典に載せたい言葉を募集する第4回「もっと明鏡」大賞の結果が発表されました。

最優秀作品賞に選ばれたのは、以下の10作品。

・あ行…やたら女子に話かける男(愛飢え男、の当て字から)。
・網買い…ネットショッピング。
・想い風…想いが大切な人に届いてほしいと願う気持ち。
・もや似…誰かに似ているが思い出せないさま。
・為生き…自分以外の他人の為に生きること。
・蝶々返り…ゆっくり戻ること。また、寄り道しながら帰ること。「とんぼ返り」の対義語。
・メル格…とても暗い人や静かな人が、メールの文章で、とても社交的で明るくなった人格。
・もぎもぎ…ドキドキともじもじが一緒になった状態。
・もしも金…もしものためにかばんなどにいつも入れておく少額のお金のこと。
・桃を踏んだよう…うじうじとした性格。判断力のないさま。略して「桃踏み」。対義語は「竹を割ったよう」

実際に中高生の間で使われているものから、これから辞書に載ってもおかしくない新語まで、機知にとんだ作品が最優秀作品賞に選ばれています。その他の作品を見ると、例年通り多いのが「誤爆」「ゼロメ」「ムダ指」といったケータイにまつわる新語と、「蝉恋」「エア彼」といった恋愛関連の新語。さらに今回は、「デコる」「オケる」「ググる」に代表される「カタカナ名詞の省略+る」という形式の動詞、「ライガン(来世で頑張る)」などのムリのある省略語が、昨年までに見られない傾向として目立ったようです。



いいじゃないの!
まったくもっていいじゃないの!!

「想い風」なんて古今和歌集にあったっておかしくないような感じだし。
「もや似」「桃を踏んだよう」なんて皮膚感覚としてすごくわかる。

「今どきの若い者は……」「言葉が乱れている」なんていう嘆きは
万葉集の時代からあるらしいけど、
「乱れ」を「淘汰の過程」と考えればすごくスリリングな、わくわくするものになる。

若者の言葉感覚、捨てたもんじゃないよ。
ただそれが通用しない相手もいるということさえ忘れなければね。
| コトバのモンダイ | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0)